デニムシャツのテンプレコーディネート

 

デニムシャツってカッコイイですよね!簡単にお洒落になれるので男性なら持ってる人は多いはずです。

持ってる人が多いと悩むのがコーディネート。学校や町中で同じスタイルの人を見かけた時の恥ずかしさは嫌ですよね。

デニムシャツのコーディネートで定番なスタイルと言えばチノパンを合わせるコーディネート。

とにかく合わせやすいし、王道スタイル。これはもう何年も前からの定番スタイルで誰もが知ってるぐらいのものです。

このコーディネートはカッコイイけど、これだけ定番化しているコーディネートなので人と被る率はかなり高いです。

ベージュだと何でも合うし、簡単にコーディネートできるし便利アイテムですが被るのを気にするならやめたほうが良いですね。

他人と被りやすいデニムシャツ

流行モノや定番のアイテムって注意しないといけないのが人と被ることですよね。

学校で友人やクラスメートと合って、あっ!と思ったことありませんか?学校だと特に人数も多いし、流行に敏感な若者が勢ぞろいなので、被りやすいから気をつけないと。

実際、町中で買い物中にも見知らぬ人ですが同じようなコーディネートをしてる人とすれ違った時、なんか恥ずかしい思いをしたことがあります。

同じようなデザインのものや同じ店で買ったと分かる洋服とか、やっぱりみつけると目につくし恥ずかしさがあります。

デニムシャツに限らず有名量販店などで購入した服は安いし利用者も多いので被りやすいし外に着て行く時はインナーにしてみたり少し工夫して着たほうが良いかもしれませんよ。

これからの季節に欠かせないシャツの中でもデニムシャツは特に柄がないので分かりやすいし、メンズファッションでは欠かせないアイテムなので着てる人も多いので、人と被らないような選び方をしたほうが良いかもしれません。

被らないデニムシャツの選び方

だれもが愛用してるであろうデニムシャツなので人と被る可能性は大!

お洒落と思ってコーディネートしていても、回りと被ってるとなんか嫌だし、これを回避するためにはデニムシャツ選びがポイントになってきます。

シンプルな物は誰もが利用しやすいので被る率は高くなるので、特徴のあるものを選んでみると良いですよ。

ポイントはスタッズと刺繍で、どちらもお洒落だしデニムシャツと合うのでいい感じなんですよ。

色合いもいろいろあって濃い目薄い目でコーディネートはすごく変わってきます。

個性的なデザインも多くて、肩口や背面、袖裏に入った刺繍やスタッズが変化をつけてコーディネートしてくれます。

正面から見ても何も分からなくても背面に刺繍がしてあるデニムシャツとかさり気ないお洒落がカッコイイですよね。

脱マンネリデニムシャツの着こなし方

人と被ったりマンネリすることが多いデニムシャツのコーディネートを脱マンネリできるようなスタイルを考えています。

最近雑誌でもデニムシャツの脱マンネリとか特集されていますね。

スタッズ入のデニムシャツはインナーにロックTを着てハードさをだすスタイルがカッコ良かったり、あえてのデニムオンデニムでアメカジ感満載のスタイルもデニムシャツならではです。

刺繍デニムシャツはそれだけでも存在感あるのでインナーは白Tなどでシンプルにコーディネートしてもカッコイイですね。

ボトムスにカラーパンツを持ってくるのも個性的でお洒落。

デニムシャツが明るい色合いなので、シャツとのバランスを間違えないようにするのがポイントです。

スタッズが施してあるデニムシャツはワイルド感もあるので、それを崩さないように意識したり、シワ加工やウォッシュ具合でコーディネートの見え方は変わってくるので活かせるスタイルにしたいですね。

デニムシャツコーディネートの定番のチノパンを合わせるスタイルもこうしてデニムシャツにデザインがあれば脱マンネリできそうです。

デニムシャツの被らないコーディネートまとめ

デニムシャツってメンズファッションでは定番アイテムでカッコよくなれるアイテムなのでほとんどの人が持ってると思います。それだけ持ってる人が多いとお洒落なアイテムでも被ることがあると何だか残念な気分ですよね。それを回避するには定番すぎるデニムシャツは避けてデザイン性のあるものを選んだり、コーディネートを工夫してみたりすると良いですね。スタッズつきや刺繍が施されているデニムシャツも多くてデザイン性があるとカッコイイし、スタッズつきだとより男っぽくなるコーディネートができたり色々楽しめます。定番のチノパンと合わせるコーディネートは一番人と被りやすいので避けたいコーディネートになります。そんなコーディネートも刺繍入りとかで合わせると人と差のつくコーディネートができます。せっかくのお洒落アイテムなので人と同じにならないようなコーディネートを出来るようにしたいのとデザイン性を活かせるテクニックをみに付けたいですね。